ビジネスシーン・文書

ビジネスシーンにおけるよろしくお伝えくださいの正しい使い方

社会人として仕事をする上で身に付けておかなくてはいけないことの一つにビジネスマナーがあります。ビジネスマナーは態度はもちろんのこと、言葉遣いについても数多くの種類があって、それぞれの意味合いをしっかりと理解して適した言葉を選ばなくてはいけません。
ビジネスシーン・文書

ビジネスの現場で使う敬語の種類と間違えやすいポイント

ビジネスの現場では、仕事上のやり取りからメールの送受信などで敬語を使う機会が多々あります。 敬語には複数の種類がありますが、ビジネスの現場では自分と相手の立場によって適切な表現方法が異なるため、自分でも気づかないうちに使い方を...
ビジネスメール

メールで「ご都合が悪ければ」と尋ねるのは正しい?

メールで相手の都合を尋ねる時に、あなたはどのような表現を使っていますか?中には「ご都合が悪ければ」という表現を多用している方もいると思います。この「ご都合が悪ければ」という言葉は文法的な間違いもなく正しいのですが、メールで使用するには気を付けなければなりません。
ビジネスメール

「会社名」に様・・原則は御中だがどうすればいいの

手紙や相手に対しては敬称をつけて表現するときがありますが、よく使うのが様です。しかし様を使うのが適さない時があるので知っておくと良いかもしれません。それは二重敬語になるときです。ある会社の部長宛てに送るときに何々部長様と書いてしまうかもしれません。この時は何々部長と書くか部長の何々様と書かないといけません。また会社名と個人名の両方に様を書いてしまうときがあります。
基本的なマナー

「誠に」と「大変」「申し訳ございません」どう使い分ける?

謝罪時に使われる表現の代表的な例として「申し訳ございません」があります。その表現を強調する意味で、どの程度申し訳なく思っているかを表現する際に、「誠に」や「大変」という言葉がよく使われています。この2つの言葉の使い分けが結構難しく、違いが分からない人も多いことでしょう。そこで、誠にと大変の違い・使用例について説明します。
しきたり

5分で分かるお彼岸のお墓参りのマナー

お彼岸にお墓参りに行く際に、時間帯や時期、お供え物についてよく分からず疑問に思ったことはありませんか。いまさら聞けない、でも大人として知らないと恥ずかしいこともあるので、確認をしておきましょう。
しきたり

雛祭りのお祝いに欠かせない菱餅そのいわれは?

3月3日の雛祭りには菱餅を飾る習慣があります。菱形の赤と白と緑の3色のお餅を重ね合わせたものですが、地方によっては色や形、数が違っていたりします。最近ではケーキなど洋菓子の素材で作ったものや、プラスチックでできた飾りを並べることもありますが、菱餅とはそもそもどういう言われがあるものなのでしょうか。
未分類

雛人形を片づけるのが遅れるとお嫁に行けないってほんと??

お正月が過ぎたと思えば、もう桃の節句。雛人形を飾ったりそして、片づけたりといったことが待っていますね。飾るのもなかなか重い腰が上がらないのですが、片づけとなるとさらに上がりません。しかし、「雛人形の片付けが遅れるとお嫁に行けない」っていうのもよく聞きますし、早めに片付けなくちゃいけないのかなと思っている方も多いのではないでしょうか。素敵な雛まつりにしたいですし、実際はどうなんでしょうか。気になるところです。雛人形を飾り始める時期から片づける時期まで解説していきましょう。
しきたり

節分の日は何故豆を食べるの?ルールとは?

節分といえば豆まきをしますが、その由来って知っていますか?豆まきの際のルールや、撒いた後の豆を食べる際の個数にもしっかりと意味があります。今回はそんな豆まきの由来やルールについて説明します。節分とは季節の移り変わる節目の日のこと指し、本来は立春、立花、立秋、立冬それぞれの前日のことを言っていました。
しきたり

花祭りとは?甘茶とお釈迦様の関係は?

お釈迦様の誕生日を灌仏会(かんぶつえ)と言います。花祭りともいい、日本では毎年4月8日にお寺の行事としてお祝いします。灌仏会の時にはお釈迦様の像の上に甘茶と言われる飲み物をかけるならわしがあります。お釈迦様が生まれたのは今から約2500年前、インド北部の釈迦族の王子として生まれました。お釈迦様誕生にあたっては次のような言い伝えがあります。